スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古事記でございます3

ヒロイン登場!
この際なので「古事記でございます」3話目も更新です。

ついに古事記1の問題児、アマテラスさんの出陣です。

アマテラスさんの服はどうしようかと迷ったのですが、女性の神々は絵本などでは天武・持統天皇時代の着物姿で比較的よく描かれていたのでそれを着させてみました。男性の神々は天武・持統天皇以前の古墳時代の着物で描かれている事が多く、何故か男女で服の時代の誤差が生まれています。

古事記や日本書紀が書かれた時代は正に天武・持統天皇の代なので、その時代の着物が神々の服装のイメージと合わさったのは仕方ないとしても、この男女の誤差は何ででしょうかね…。

そしてこの時代の身分のある貴人の服は襟の着付けが逆です。もうちょっと服飾史を勉強しないといけないので詳しい事はいえないのですが、結構深い意味があるようです。…勉強不足ですみません…。

…アマテラスさん地味に書いちゃったので後でもうちょっと派手に書き直します…


続きは追記から見れます。お暇な時にどうぞ。
第三話 慈母は武装

最終兵器慈母

お気づきかと思われますが、私の発想力は小学生の時から発達していません。






+++++++++++++++++++++
ものすごくいらない解説

アマテラスオオミカミは天の国の高天原、ツクヨミノミコトは夜の国を。そしてスサノオノミコトは海原を支配するよう父のイザナミノミコトに命令され、三貴神はそれぞれの地を支配していたのですが、末っ子のスサノオさんは「死んだ母に会いたい」とわがままを言い、イザナギさんの怒りに触れ海原を追放されました。
お前はイザナギさんの鼻の穴から産まれたんだから厳密にはイザナミさんは母さんじゃないよと言うツッコミはともかく、スサノオさんは母のいる根の国に行く前に、姉に挨拶をするために天の高天原へ赴きました。

そこで天の神々は大混乱。「スサノオは高天原を乗っ取る気だ!」と早合点したアマテラスさんは、髪を解き、男の髪型である角髪(みずら)に結いなおし、千本の矢を持ち、武装して大地を雪のように蹴散らかし男のように雄たけびを上げながらスサノオさんを迎え撃ったそうです。雄雄しすぎですよ。


アマテラスオオミカミは古来から女性神として扱われていますが、実は女性ではなかった。という説もあります。
アマテラスオオミカミの別名は「オオヒルメノムチ」と呼ばれ、「日の巫女」という意味合いがあります。
元々日の神を祭っていた巫女が神格化され、それが祭神の日の神と摩り替わった。と言われています。
ある意味日の神と融合したとの解釈も出来ますが、アマテラス自身が様々な神話や伝承の人物が複数融合した形で、古事記や日本書紀で語られているようです。



拍手を下さった方、ありがとうございました!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

町田とし子

Author:町田とし子
漫画かいてます。
月間コミックブレイドで「ばっちょんガールズ」という漫画を連載していました。
連絡先のメールです。お仕事の依頼などありましたらこちらへ↓
tk204881★gmail.com(★を@に変えてください)
ツイッターやってます。↓
https://twitter.com/?lang=ja

フリーエリア
 
淡々と百人一首
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。